FC2ブログ

今ここから始まる

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

【レポート】SaaS実績トップクラスの企業が提供する社内SNS「Jam」

こんにちは!
次のニュースです。

●メールの不便さに気付け!!
IDCの調査によると、ナレッジワーカーの勤務時間の15~30%が情報収集に費やされているという。そのうえ、情報収集の50%は目的の情報が得られず、徒労に終わっているようだ。



読者の皆さんにおいても、「資料の在り処がわからない」、「誰に聞いたら良いのかわからない」といった経験を日常的に繰り返している方は少なくないだろう。そこで試していただきたいのが、サクセスファクターズジャパンが提供する社内SNS「Jam」である。

○SaaSでトップクラスの実績

まずは提供元のサクセスファクターズジャパンについて、ご紹介しておこう。

サクセスファクターズジャパンは、米カリフォルニア州サンマテオに本社を構えるSuccessfactorsの日本法人。Successfactorsは2001年に設立された企業で、従業員のタレントマネジメント(目標/評価や能力把握など)を実現するSaaS「SuccessFactors Business Execution スイート」で広く知られている。同サービスは、グローバルで3500社、1500万人のユーザーを抱え、企業向けSaaSの提供企業としてトップクラスの実績を誇る。

SuccessFactorsに対する評価は、昨年12月にSAPによって買収されたことからもうかがえる。買収金額は34億ドル。今年2月に買収作業が完了し、すでにSAP傘下の企業となっているが、現在も独立して事業を展開している。

そういった背景を持つサクセスファクターズジャパンが提供する社内SNSが、冒頭のJamになる。

○メールの不便さに気付け!!

では、Jamとは一体どういったサービスになるのか。

サクセスファクターズジャパン 取締役社長の木下雄介氏によると、Jamは、同社が買収したCubeTreeがベースになっている。そこに、同じく同社が買収したJambokの技術を融合。CubeTreeの持つSNSライクなコミュニケーション円滑化機能に、Jambokが備えていた動画によるEラーニング機能が統合されている。現在はiOS、Android、Blackberryに対応したアプリケーションも無償提供されており、モバイルからでも利用が可能だ。

Jamの中心にあるのは、各ユーザーに必要な情報がタイムライン形式で表示されるSNS機能である。サクセスファクターズジャパン 営業本部 第二営業部 部長の森太郎氏はその意義について、次のように語る。

「現在、多くの企業ではメールでコミュニケーションをとりながら仕事をしている。しかし、よくよく振り返ってみると、メールは欲しい情報を探すのに時間がかかるし、途中参加のプロジェクトメンバーと情報を共有するのも大変。ときには重たい添付ファイルが多数に一斉配信されることもあったりと、とても効率的とは言えない仕事環境になっている。これが、SNSのようにサーバ側にデータが集約され、各ユーザーの必要とする情報が見やすいかたちで確認できるようになっていれば、業務は大きく改善されるはず」

こうしたコンセプトに基づき開発されたJamでは、SNSのようなインタフェースによって、過去のやりとりもふまえながら関係者からの連絡を確認できるほか、複数人でリアルタイムにディスカッションすることも可能だ。さらに、ドキュメントや写真のアップロード・ダウンロードはもちろん、動画を掲載する機能も提供されている。

また、企業向けの機能として特徴的なのがグループ管理機能だ。任意のグループを作成して、参加者のみが投稿を閲覧できるクローズドなコミュニケーションが行えるうえ、グループの中に小グループを作り、部分的に非公開にすることも可能。さらにグループ自体を非公開に設定すれば、部外者が参加メンバーを知ることもできなくなる。グループの投稿があった際にメールで通知ができるうえ、配信タイミングも、即時、日次、週次などと自由に設定することもできる。

●ユーザー支援機能も多数
○ユーザー支援機能も多数

森氏によると、Jamには「継続利用をサポートする機能や、ユーザーの利便性を高める機能が多数用意されている」という。

例えば、投票機能である。Jamには、関係者の意見を募るアンケート機能に加えて、Facebookの「いいね」ボタンと同様、共感を示す機能も用意されている。閲覧回数や、いいねボタンのクリック回数は自動で集計され、各ユーザーの参照タブにて表示される。情報共有作業へのモチベーションを高めるうえで多いに役立つだろう。

一方、利便性を高める機能の代表例として、画面レコーダーが挙げられる。投稿欄の記録ボタンをクリックすると、スクリーンショットや画面の操作動画を取得するアプリケーションが起動。画面サイズを指定し、録画すると動画が生成され、Jam上にアップロードされる。こちらを利用すればスクリーン状況を共有できるようになるので、ソーシャルラーニングやシステムマニュアル、ヘルプデスクなど無限の可能性がある。

そのほかにもJamには、個人の情報を発信するためのブログ機能や、社内のナレッジ共有に役立つWiki機能、リアルタイムコミュニケーションに役立つチャット機能なども用意されており、ビジネスのさまざまなシーンで利用できるよう配慮されている。

さらに、冒頭でも触れたとおり、iOS、Android、Blackberryに対応したアプリケーションも提供されており、外出先や移動中でも情報共有が可能だ。各アプリケーションからドキュメントを閲覧/編集することができるので、資料の確認が急遽必要になった際にも慌てる必要はない。

○低価格も特徴の1つ

さて、以上のような企業ユースを考慮した機能群に加えて、Jamにはもう1つ大きな特徴がある。それは価格だ。

実のところ、Jamの利用料は非常に低価格に設定されている。

例えば、最少単位の100ユーザーで利用する場合、1ユーザーあたり年間6500円。これは「大手の有料サービスの月額料金よりも安価な設定」(森氏)だ。さらに、ボリュームディスカウントが適用される料金体系になっており、6000ユーザー以上の契約になると、1ユーザーあたり年間2000円以下にまで下がるという。

加えて、4月末からは期間限定で、無償版ユーザー(Basic_Jam)の登録も募集している。こちらは、動画やチャット、投票機能などが利用できず、1ユーザーあたりのディスク容量や生成できるグループ数に制限があるものの、モバイルアプリケーションも含めた基本機能のほとんどはそのまま利用することができる。登録の際にフリーメール以外のアドレスが必要になるが、個人で利用することも可能だ。

無償版ユーザーの登録受付は、現在のところ8月末までの予定とされている。高機能なコミュニケーションプラットフォームを試すまたとないチャンスなので、興味のある方はこの機会を逃さず、JamのWebサイトを訪れてほしい。

[マイナビニュース]



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120522-00000008-mycomj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ちょっと気になりますね。



お読みいただきまして
ありがとうございました。

Comment
Trackback

まとめtyaiました【【レポート】SaaS実績トップクラスの企業が提供する社内SNS「Jam」】

こんにちは!次のニュースです。●メールの不便さに気付け!!IDCの調査によると、ナレッジワーカーの勤務時間の15~30%が情報収集に費やされているという。そのうえ、情報収集の50%は目的の情報が得られず、徒労に終わっているようだ。読者の皆さんにおいても、「資料の在?...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
今ここから リンクはコチラ www.fxdefx.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。