FC2ブログ

今ここから始まる

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

日本 MS、ロボット開発の ZMP と次世代自動車技術の研究開発クラウド環境

こんにちは。
ニュースをお届けします。

日本マイクロソフトは2012年5月22日、ロボット開発会社のゼットエムピー(ZMP)と連携、車載センサー情報の収集/解析、制御技術やサービス研究開発環境を、自動車関連企業や通信、IT 関連企業などに提供する、と発表した。



開発者用に、両社のセンサー技術やクラウドサービスなどを活用した最新の開発環境を構築、開発・検証施設「マイクロソフト イノベーションセンター」内に設置する。

ZMP は2009年から次世代自動車開発環境「RoboCar」シリーズを販売しており、トヨタのプリウスをベース車両とした「RoboCar HV」の発売に伴い、クラウドサービス「Windows Azure Platform」と連携した開発環境を提供する。

車載データとして、ベース車両のセンサー情報に加え、ZMP が開発した車両の姿勢を計測する「IMU-Z」と「POSITION-Z」、人や車・障害物の距離画像を取得できる「RoboVision」、死角検知センサー「OpticalFlow-Z」などからの情報を収集、それらの情報をインターネット経由でクラウド(Windows Azure)に保存し、「SQL Azure」でデータベース化する。

一般に自動車メーカーや部品メーカーが量産前の実車試験を行うには、車載データ記録装置を使って走行、終了後に記録したデータをコンピュータに移動して解析している。

今回はこの車載データ記録装置機能をクラウドに移し、開発者は場所を選ばず遠隔で解析、更新プログラムを実車に反映することができる。

RoboCar HV は、自動車の制御、部品の評価、安全や快適につながる技術、エコ走行など、次世代自動車技術の研究開発を支援するもの。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120522-00000027-inet-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

まだ続きがあるのでしょうか?



お付き合いいただきまして
ありがとうございました。

またお目にかかりましょう。
Comment
Trackback

まとめtyaiました【日本 MS、ロボット開発の ZMP と次世代自動車技術の研究開発クラウド環境】

こんにちは。ニュースをお届けします。日本マイクロソフトは2012年5月22日、ロボット開発会社のゼットエムピー(ZMP)と連携、車載センサー情報の収集/解析、制御技術やサービス研究開発環境を、自動車関連企業や通信、IT 関連企業などに提供する、と発表した。開発者用に...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
今ここから リンクはコチラ www.fxdefx.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。